【イベントレポート】Noodl FES 「TOKYO2020に向けたサービスを創り出せ」

投稿者:

前回は、Noodlの日本展開に際して行なった基調講演「Noodlで作るラピッドプロトタイピングとデザイン思考」についてお伝えしました。

今回のレポートでは、2019/7/6に富士通ラーニングメディアCO☆PITにて開催したハッカソン Noodl FES「”Noodl”でTOKYO 2020サービスを創り出せ」の当日の様子をお伝えします。

Noodl開発メンバーMathias Lewin氏がメインファシリテーターを、Noodlエバンジェリスト私市がサブファシリテーターを務めました。

 Mathias Lewin(マティアス レーウィン)
Noodlの開発メンバーの1人。スウェーデンのデザイン・イノベーションファーム TOPP にてデザインテクノロジストとしてプロジェクトを牽引する。日本が好きで特にらんま1/2が好き。
TOPP社はプロトタイピングツールNoodlを使用したデザインコンサルティング事業を行なっています

 私市瑞希 (きさいち みずき)
tensorXのUXデザイナー/Noodlエバンジェリスト。Noodlを使いはじめてから、UXデザイナーとして「自由になった」とのこと。


テーマは「TOKYO2020 × Noodl」

今回はTOKYO2020で想定される課題の解決策をチームでアイディエーションし、Noodlでデモを制作してプレゼンテーションをしていただきました。それでは、当日の様子を見ていきましょう。

それでは、Noodl FES開始!

まずはアイディエーション。今回は少しでも長くNoodlを触っていただくため、アイディエーションのヒントとなるアイディアカードを用意しました。

今回用意した主な機能
API
・音声認識(MS speech to text)
・顔認証(Azure Face Recognition)
・グーグルマップ(Google map)
など
IoT
・温度センサー
・LED(ネオピクセル)
・RFID
など


Noodl、これはできるの?あれはできる?という質問に対し、大抵の答えはYESです。


ヌードルで腹ごしらえをしたら、いよいよ爆速プロトタイピング開始。もう誰も止められません。


MathiasステーションとKisaichiステーションを設け、参加者がいつでも質問できる万全のサポート体制。


プレゼンテーション

どのチームもアイデア・デモともに素晴らしいソリューションでした。少しだけご紹介します。


店員の音声を認識してレストランの満席/空席状況を表示するライト

店員の「いらっしゃいませ」の声を認識して満席になると赤に、空席があると緑に光るライトです。
たしかになんで今ないんだろうってくらい欲しいですね!東京は地下のお店も多いし。


空港内待ち合わせ場所までの車椅子用最適ルートを提案するアプリ

段差や細い通路など、車椅子では通りづらい場所を避けた最適ルートを教えてくれます。
すべての人にやさしいソリューション。トリガーが画像認識というのもいいですね


画像認識で食文化を表示するアプリ

色認識をトリガーに、その人の食文化に合ったレストランをGoogle map上に表示します。
食文化は、日本に圧倒的に足りてないソリューションのひとつなのでぜひとも実現してほしい!


在日外国人が訪日外国人を助けるアプリ

困っている人と、周辺にいる助けられる人をマッチングし、Google mapに表示します。
デバイス間のインタラクションを最高にうまく使われたデモでした!


イベント終了後もマティアスの話を熱心に聞く参加者

ハッカソン後も、Noodlユーザー同士がつながることのできるSlackコミュニティ内で情報や質問のやりとりが行われています。
>>Slackコミュニティに参加する

参加者の声

「もっとNoodlの使い方を習得できていたら機能を盛り込めたのにと悔しく思った。それくらいのめり込める楽しさがあった。」(事業開発者)

「直感的に実装することができて楽しかった。デザイン思考をもっと身に付けたい。」(ITエンジニア)

「あまりプログラミング経験がなかったため、実践的なノードの使い方に苦戦したが、とても良かった!これから勉強していきたい。」(デザイナー)


まとめ

ほとんどの参加者がまったくNoodlを触ったことのない状態からのスタートでしたが、音声認識や画像認識、Google mapなどのAPI、画像認証などの機械学習、そしてLEDなどのIoTを駆使した素晴らしいソリューションが出されました。

ここまでできるみなさまには
ぜひ、次のNoodl Masterコースに進んでいただきたいです。

Noodl Masterコース

Noodl MasterコースはNoodlの習得を目指している方に向けた実践型のレクチャーコースです。
初心者向けのBeginnerコース、中級者向けのBasicコース、上級者向けのAdvancedコースからなり、Advancedコースを修了された方にはNoodler認定をいたしております。

【Beginnerコース】 爆速プロトタイピングツールNoodlでUIデザインをしよう!(1/2)
講師による解説を加えながらチュートリアルを一緒に進めます。

開催概要
開催日時:2019年8月21 日(水)
開催場所:日本マイクロソフト品川本社
内容詳細:解説を加えながらチュートリアルを進む
講師  :私市瑞希(Noodlエバンジェリスト)
協力  :日本マイクロソフト
申し込み: https://noodl-tokyo.connpass.com/event/140526/

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です